東北電力は27日、6月の家庭向け電気料金などを公表した。ロシアによるウクライナ侵攻などを受けた液化天然ガス(LNG)や石油の価格高騰を背景に、一般家庭の平均モデル(30アンペア、使用量260キロワット時)は8565円と前月から29円値上げし、5カ月連続で過去最高を更新した。燃料費調整制度で燃料価格の上昇を電気料金に転嫁できる上限に達した。値上げは2021年2月から17カ月連続。同月からの値上げ幅は1800円超となった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。