5回裏、盛岡大付1死一、三塁で、八学光星の主戦・後藤が救援登板。無失点で切り抜けた

 八学光星は良きライバル関係にある3投手の継投で決勝を乗り切った。準々決勝、準決勝をコールドで勝ち上がってきた盛岡大付の強力打線を3点に抑え込んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)