5~11歳の小児への新型コロナウイルスワクチン接種について、東奥日報が青森県内10市の接種状況(20日現在)を聞き取ったところ、10市中6市で、2回接種を終えた割合が10%以上となっていることが分かった。最も高いのは三沢市で、23.99%だった。計画通りに接種が進んでいると回答する自治体が多い一方、想定よりも接種率が低いと受け止めている自治体もあり、見方は分かれている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。