【準決勝・八学光星-花巻東(岩手)】3回表、八学光星は先頭打者・太山の右越え本塁打で1-0と先制する=秋田市こまちスタジアム
被安打9、6奪三振、3失点で完投した八学光星の主戦・後藤

 第71回秋季東北地区高校野球大会は第4日の17日、秋田市のこまちスタジアムで準決勝2試合を行った。青森県勢の八学光星(第1代表)は、今大会、強豪私立を大逆転劇で撃破してきた花巻東(岩手第2代表)と対戦した。八学光星は0-0で迎えた三回表、8番太山のソロ本塁打で流れをつかむと、さらに1死満塁と攻め立て、4番近藤から3連打で4得点。七回と八回には安打や四球などで1点ずつ加え、花巻東を突き放した。決勝は18日、同スタジアムで盛岡大付(岩手第1代表)と頂点を懸けてぶつかる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)