設計者を代表して安全祈願祭でくわ入れをする建築家の隈研吾さん(中央)=21日、青森市内
メインアリーナとサブアリーナの間にある屋根付き空間の完成イメージ図(事業者提供)

 青森市の青森操車場跡地に建設予定の体育施設(アリーナ)着工に伴い、事業者側は21日、建設予定地で安全祈願祭を行った。2024年7月の利用開始を目指す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から