生徒たちに拍手で迎えられる枋木さん

 2月に行われた北京冬季五輪バイアスロンの男子日本代表として3種目に出場した枋木(こぼのき)司さん(30)=青森県東北町出身、野辺地高出、自衛隊体育学校=が20日、母校である同町の東北中学校で講演した。枋木さんは五輪前に同校生徒から贈られた応援メッセージが「力になった」と感謝するとともに、目標に向かってこつこつ取り組む大切さを訴え、後輩たちにエールを送った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から