東都大学野球リーグ第7週第1日は16日、神宮球場で1回戦3試合が行われ、国学院大、立正大、駒大が先勝した。

 国学院大はエース清水が完投し、東洋大を4―2で破った。立正大は七回に伊藤裕の2点二塁打で先制し、中大に2―0で競り勝った。駒大は先発の辻本が最後まで投げ、亜大を5―2で下した。

(共同通信社)