駿府城跡で発見された、豊臣方が築いた天守があったことを示す石垣=16日午後、静岡市
 駿府城跡で発見された、金箔で装飾された瓦=16日午後、静岡市

 静岡市は16日、駿府城を離れて江戸に行った徳川家康が晩年に戻ってくるまでの間、同じ場所に豊臣方が築いた天守があったことを示す石垣や瓦が見つかったと発表した。豊臣方の「駿府城」の存在は考えられてはいたが裏付ける史料や遺構がなく、専門家は「幻の城が姿を現した意義は大きい」としている。

 石垣は南北約37メートル、東西約33メートルにわたり、瓦約330枚は金箔で装飾されていた。市が2016年から行っている発掘調査で、今年6〜8月に発見された。

 市によると、家康は1588(天正16)年に駿府城を築いたが、その後江戸に領地を移し豊臣秀吉配下の中村一氏が駿府を治めた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む