スキー部後輩の生徒(右)から花束を受け取る枋木=19日、野辺地高校

 北京冬季五輪のバイアスロン男子日本代表として3種目に出場した枋木(こぼのき)司(30)=東北町出身、野辺地高出、自衛隊体育学校=が19日、地元の役場や母校を訪れ、バイアスロン競技を引退する意向を明らかにした。今後は、青森県を拠点にクロスカントリー競技を続け、国体などの国内レース出場を目指すという。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。