青森県横浜町の養鶏場で発生した町内2例目の高病原性鳥インフルエンザで、県は19日、殺処分した鶏や鶏ふんの埋却、鶏舎の消毒などを含めた一連の「防疫措置」が同日午後6時半に完了したと発表した。