三八地方森林組合の作業員によって切り倒された松くい虫被害木

 青森県南部町内で今月、県南で初となるアカマツの松くい虫被害が確認されたのを受け、県は15日、同町小向地区にある被害木5本の伐倒を行った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)