森林づくりに関する協定書を掲げる(右から)三村知事、清水支店長ら=18日、県庁

 青森県が推進する企業による森づくりの一環で、農林中央金庫青森支店と県森林組合連合会は、県、県緑化推進委員会、いちの沢山の会、西目屋薪エネルギーと連携協定を締結し、18日、6者の代表者が県庁で協定書を取り交わした。10月に、持続可能な開発目標(SDGs)に関する活動に取り組む青森明の星高校の生徒を白神山地の麓の西目屋村の広葉樹林に招待し、植栽や間伐体験を行う予定。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から