西目屋村内で捕獲したクマの肉を使って作ったクマ丼とクマカレー
クマカレーとクマ丼のレトルト商品を手にする桑田村長(左)と角田支配人

 青森県西目屋村のブナの里白神公社が、村内でわなにかかったクマの肉を使ったレトルト商品「白神クマカレー」と「白神クマ丼」を開発した。21日から同村の道の駅津軽白神で販売する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から