陸上の日本学生個人選手権最終日は17日、神奈川県のレモンガススタジアム平塚で行われ、男子400メートル障害は東京五輪代表の黒川和樹(法大)が49秒40の大会新記録をマークして優勝した。女子800メートルは山口光(青森出、順大)が2分10秒36で制した。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から