【八学光星-専大北上(岩手)】公式戦で初登板し、6回まで1失点に抑えた八学光星の下山=秋田市のこまちスタジアム
8回表、八学光星2死一、二塁で4番近藤が左越え適時打を放ち2点追加
【弘前東-古川(宮城)】6回表、弘前東無死、先頭打者の須藤が2打席連続の三塁打で出塁。5打数3安打の活躍を見せた=秋田市さきがけ八橋球場

 第71回秋季東北地区高校野球大会は第2日の14日、秋田市のこまちスタジアムなどで2回戦計6試合を行った。青森県勢は、八学光星(第1代表)が専大北上(岩手第3代表)と対戦、12安打を浴びせるなど圧倒し、9-2の八回コールドで勝利した。弘前東(第2代表)は古川(宮城第2代表)と対戦し、延長十回裏、2死満塁から四球押し出しでサヨナラ負けした。15日の県勢は準々決勝で八学光星が羽黒(山形第2代表)とぶつかる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)