小割りいけすからフィッシュポンプで青森サーモンを水揚げする社員たち
水揚げされた青森サーモン
サーモンの血抜きを行う作業員=いずれも15日午前、今別漁港

 青森県今別・三厩沖と深浦沖で海面養殖されているトラウトサーモン「青森サーモン」の水揚げが今月始まった。本格養殖から3年目を迎えた今年は、昨年の1.5倍に当たる1600トンの生産量を見込んでいる。15日は今別町の今別漁港に6千匹が水揚げされ、活(い)け締めにされた上で県内外へ出荷された。6月末ごろまで続く見通し。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。