夏季ユース五輪第6日は11日、ブエノスアイレスで行われ、体操の男子個人総合で15歳の北園丈琉(大阪・清風高)が合計82.298点で金メダルを獲得した。初採用のダンススポーツのブレークダンス混合団体では河合来夢(神奈川・百合丘高)がベトナム男子選手と組んで金に輝き、個人との2冠を達成した。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から