青森県は14日、新たに高病原性鳥インフルエンザ発生が疑われる横浜町の養鶏場では、約11万羽の肉用鶏(ブロイラー)を飼育していると発表した。検査結果や死んだ状況から、国が感染の疑いがある「疑似患畜」と判定した場合、飼育する鶏全羽を殺処分する。