高齢農家の支援研究で準優勝に輝き、喜ぶ沢山さん(左)と川守田さん

 青森県南部町の名久井農業高校(西館実校長)園芸科学科研究グループが、関西大学で開かれた経営企画能力を競う全国コンテストで準優勝に輝いた。「農業女子が考える農業貢献」と題し、高齢化や後継者不足に悩む地元の農家を、高校生らしいアイデアで支援していく研究内容が評価された。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から