会見でdボタン広報を説明する熊谷市長(左)と相徳社長

 青森県八戸市と青森朝日放送(ABA)は13日、同市庁で記者会見を開き、テレビのデータ放送を使って新型コロナウイルスや災害などの市政情報を発信する「dボタン広報」の運用を同日始めたと発表した。パソコンやスマートフォンなどの操作が苦手な高齢者などの利用を想定している。データ放送を活用した自治体広報システムは県内初。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。