陸上男子100メートル、200メートルの世界記録保持者で、サッカーのオーストラリアAリーグ、セントラルコーストの練習生となっているウサイン・ボルト氏が12日、地元の選抜チームとの練習試合で先発して後半途中までプレーし、2ゴールを挙げた。AP通信が報じた。

 後半、スルーパスに抜け出して左足の強烈なシュートを決め、おなじみの弓を引くようなポーズを披露。約10分後に2点目を決めた。「とてもいい気分だ。自分が成長していることを世界に示せてうれしい」と話した。

 ボルト氏は陸上を昨年引退。プロのサッカー選手を目指している。(共同)

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む