予定事業

◎東奥日報創刊130周年・青森放送創立65周年記念 吉幾三コンサートが開催されました

コンサートは、昼夜満場4千人のお客様にご覧いただき、無事終了することができました。ご来場、誠にありがとうございました。

吉さんワールド全開 青森 4千人が酔いしれ
2018yosi1.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

情感たっぷりにヒット曲などを
歌い上げた吉幾三さん(本社撮影)

 

 「東奥日報創刊130周年・青森放送創立65周年記念 吉幾三コンサート」(東奥日報社、青森放送、東奥日報文化財団主催)4月15日、青森市のリンクステーションホール青森で開かれた。昼夜2ステージ計4千人が、吉さんの歌声に酔いしれた。
 「雪國」で始まった昼公演は、2千席を埋めた観客から拍手喝采。中盤の「風とじょんがら」では、津軽三味線と尺八の演奏の中、和装で登場した吉さんが、情感たっぷりに熱唱。往年の名曲のほか、洋楽やフォークソングのカバーも披露し、観客は体を揺らしたり、目を閉じたりしながら、吉幾三ワールドに浸った。
 曲の合間のトークでは「なー、何言っちゃがわがんねんずな(お前、何を言っているか、分からないのか)」などと司会者に津軽弁で畳み掛け、会場は爆笑に包まれた。
 吉さんの弟子の歌手・吉永加世子さんもゲストとして登場した。

2018yosi2.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
司会者(右)との津軽弁を交えたトークで会場を
沸かせた吉幾三さん(本社撮影)

 吉さんのヒット曲の数々はもちろん、津軽弁で語られる故郷の思い出話に、会場は終始、歓声や笑い声、拍手に包まれた。
 吉さんは、司会者との軽妙な掛け合いを挟みながら次々と熱唱。笑いをとったかと思うと、ガラッと表情を変えて伸びやかな歌声を響かせ、観客を引きつけた。カバー曲「吾亦紅(われもこう)」では亡き母への思いがあふれ、前後のトークで思い出を語った。
 また、交流のある演歌歌手・細川たかしさん、山本譲二さんとのエピソードも披露。「みんな元気だばって、みんな年取ったな」としみじみ話し、デビューからの年月を振り返った。
 フィナーレは「酒よ」の弾き語り。吉さんがギター一本で「なァ、酒よ」と語りかけるように歌うと、うなずくように聞く人や、目元を拭う人もいた。
 歌手活動45周年の節目を迎え、テレビやラジオの出演を抑え、海外で過ごす予定─と明かした吉さん。「青森にすてきな未来が来ることを、いつも祈っています。しばらく休みますが、今までありがとうございました」と言葉を詰まらせながら締めくくった。
 昼の公演を見た青森市浪岡の古村ゆきさん(66)は「去年のコンサートも見に来た。今年もすごく良かった」と笑顔。吉さんのコンサートは初めてという平内町の杉山ミチ子さん(62)は「手作りのうちわを渡して握手できた。もう最高」と感激した様子だった。

 

◎ハンブルク交響楽団青森公演が開催されました

ハンブルク交響楽団 青森で公演 重厚 華麗 初来日

 ドイツの名門オーケストラ「ハンブルク交響楽団」の青森公演(東奥日報社、青森テレビ、東奥日報文化財団主催)が30日夜、青森市のリンクステーションホール青森で開かれた。ドイツ音楽の「正統な継承者」といわれるシュテファン・ザンデルリンクのタクトで、ベートーベンの交響曲第5番ハ短調「運命」などを披露し、華麗な音色で約1400人の聴衆を魅了した。

20170630_01.jpg
華麗な音色で約1400人の聴衆を魅了したハンブルク交響楽団の青森公演(本社撮影)

  同楽団は、1957年設立。ハンブルクを拠点に世界各地で公演を行っているが、来日は初めて。交響曲のほか、映画音楽や子ども向けのコンサートも開催し、ハンブルク市庁舎の中庭で行うコンサートは毎年夏の風物詩となっている。
 この日は「運命」のほか、ベートーベンの「エグモント」序曲、ブラームスの交響曲第1番ハ短調を演奏。おなじみのメロディーが活気あふれる音の塊となって響き渡ると、会場全体が熱気と興奮に包まれた。
 高校時代からクラシックファンという青森市の自営業島村博光さん(69)は「音の重みやハーモニーがすごくて、予想以上に素晴らしかった。ベルリンフィルにも匹敵するぐらい」と感動していた。

 

 

◎東奥賞受賞記念 吉幾三コンサートが開催されました

コンサートは、昼夜満場4千人のお客様にご覧いただき、無事終了することができました。誠にありがとうございました。

東奥賞受賞記念コンサート 吉さん熱唱4千人喝采

20170422_01.jpgのサムネイル画像
「東奥賞受賞記念 吉幾三コンサート」で熱唱する吉さん。
=22日午後、青森市のリンクステーションホール青森

 

「東奥賞受賞記念 吉幾三コンサート」(東奥日報社、青森放送、東奥日報文化財団主催)が4月22日、青森市のリンクステーションホール青森で開かれた。昼夜2ステージとも満席の計4千人が吉さんの歌声に拍手喝采を送りました。
 コンサートは吉さんの2015年の東奥賞受賞と、デビュー45周年を記念した“ふるさと凱旋(がいせん)”公演。
 昼の部は、吉さんの代表曲「雪国」の熱唱とともに開演し、司会者との津軽弁を交えた軽妙なトークで会場を沸かせながら進行。中盤では三味線と尺八の音色に乗せて「津軽平野」「四季津軽」を情感たっぷりに歌い上げた。
 公演はしっとりとした「ひとり北国」「海に抱かれに」、すぎもとまさとさんの楽曲「吾亦紅(われもこう)」の情熱的なカバーなどで終盤に向かい、「酔歌(すいか)」に続く、ギター弾き語りの「酒よ」で幕を閉じると会場の盛り上がりは最高潮に達した。
 吉さんの長女のボーカリストKUさん、吉さんの弟子の歌手・華かほりさんも1曲ずつ披露しました。

20170422_02.jpgのサムネイル画像
司会者(左)との軽妙なトークで観客を沸かせた吉さん

「さすがのエンターテインメント」「最高に良かった」―。「東奥賞受賞記念 吉幾三コンサート」に足を運んだ計4千人の観客は、熱唱あり、笑いあり、涙あり―のサービス満点で多彩なステージを存分に楽しんだ。
 昼公演で「雪国」を歌いながら登場した吉さん。地元凱旋(がいせん)公演ということもあり、直後の司会者とのトークでは「青森でのコンサートは久しぶり。こっちは温かくていいですね。(自宅のある五所川原市金木町)喜良市は、ただ風強ええだ」と津軽弁で話して、会場の笑いを取った。
 作詞活動の裏側も明かし「下北半島のむつに列車で行くときとかは、途中に有名な菜の花畑がある。あっちに行くと何となく詞が書ける気がする」と話した。
 トリはギター弾き語りの「酒よ」。歌い上げた吉さんは少し感極まった様子で「身に余るほどのすてきなショーをさせていただきました。ありがとうございます。もうちょっと頑張りますので、応援してください」とデビュー45周年の地元公演を締めた。
 昼公演終演後、青森市の田口久史さん(64)は「『さすが』のエンターテインメント。楽しませてもらいました」、同市の川村八重さん(75)は「最高によかった。津軽弁のトークでも楽しませてくれた」と感想を語り、同市の奥村愛子さん(62)は「CDで歌を聴いてきたけど、本物はやっぱり素晴らしい。最後の『酒よ』も年輪を重ね、より深みが出てきた」と満足そうな表情で話していた。

 

 

◇東奥日報文化財団予定事業一覧

 

事業名

会場など

6月

3日

10時

小・中学生選手権

日本将棋連盟青森支部道場

910

9時25分

県高等学校囲碁選手権

弘前文化センター

10日

10時

三段位獲得戦

日本将棋連盟青森支部道場

10日

10時

イマジン杯第22
親子・男女ペア囲碁大会

アピオ青森

22日

1830

プラハ放送交響楽団 青森公演

リンクステーションホール
青森

7月

1日

10時

39回文科大臣杯全国少年少女
囲碁大会青森県予選

アピオあおもり

14日~
826

9~18時

岩合光昭写真展「ねこの京都」

青森県立郷土館

15日

10時

県将棋四段位獲得戦

日本将棋連盟青森支部道場

15日

10時

42回県民囲碁まつり
段級位認定大会

県民福祉プラザ

22日

10時

家族・ペアリレー大会

日本将棋連盟青森支部道場