青森県文芸大会

 

第71回県文芸大会(平成29年)
 

◎第71回県川柳大会

 東奥日報社と東奥日報文化財団は10月15日、「第71回青森県川柳大会」を青森市堤町1丁目のリンクステーションホール青森で開きます。特別選者に、東葛川柳会代表で流通経済大学付属柏高校(千葉県)講師の江畑哲男氏(えばた・てつお)氏を迎えます。

TO20170515G00267010100_01.jpg
特別選者 江畑哲男氏


  江畑氏は1952年東京都生まれ、千葉県我孫子市在住。全日本川柳協会常任幹事、早稲田大学オープンカレッジ講師、日本文藝家協会会員ほか。学校教育分野では授業実践を発表し続け、生涯学習の分野では講演や執筆のほか、川柳勉強会を各地でつくってきました。著書は「句文集 ぐりんてぃー」「アイらぶ日本語」「近くて近い台湾と日本」「川柳文法力」など多数あります。
 当日は「アイらぶ日本語、アイらぶ川柳」と題して講演します。。

●大会要項
 ◇日時 10月15日(日)午前10時から
 ◇会場 リンクステーションホール青森5階大会議室
 ◇会費 3千円(昼食代含む)、高校生以下無料(昼食付き)
 ◇特別選 「授業」(1人2句)江畑哲男氏選
 ◇宿題 各題1人2句
・「うっかり」=大黒谷サチエ、むさしの2氏共同選
・「忖度(そんたく)」=沼山久乃、三浦蒼鬼の2氏共同選
・「タイミング」=沢田百合子、野沢省悟の2氏共同選
・「駅」=千島鉄男、佐藤允昭の2氏共同選
 ◇投句 作品はすべて未発表に限ります。はがき大の紙を5枚用意し、特別選、宿題の題ごとに1枚の紙を使用。紙の右上に特別選、宿題名をそれぞれ記入し、各題2句ずつ必ず楷書で書いてください。いずれか1枚の裏面に郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、懇親会の出欠を明記(学生の場合は学校名、学年も)。大会会費(郵便小為替)を添えて、郵便番号030─0180、青森市第二問屋町3の1の89、東奥日報文化財団「県川柳大会係」宛てにお送りください。応募用紙は同文化財団ホームページ(http://www.toonippo.co.jp/z―bunka/)からもダウンロードできます。問い合わせは同文化財団(電話017・739・7390)へ。
 ◇締め切り 9月15日(金)必着
 ◇席題 当日2題出題。各題1人2句。選者は2題のうち一方が田鎖晴天、髙瀨霜石の2氏、もう一方が柳田健二、工藤青夏の2氏による共同選
 ◇賞 当日の出席者を対象に採点し、総合1位に県知事賞、2位に県議会議長賞、3位に青森県教育長賞、ほか20位までの上位入賞者に賞品を贈り、入賞作は東奥日報紙上および東奥日報文化財団のホームページに掲載します。
 ◇懇親会 大会終了後、江畑氏を囲んで開きます。会費千円。

※応募用紙はこちらから→第71回県川柳大会応募用紙(PDF)

 

 

◎第71回県俳句大会

 東奥日報社と東奥日報文化財団は、「第71回県俳句大会」を9月24日、青森市のリンクステーションホール青森で開きます。特別選者に、俳誌「枻(かい)」代表・発行編集人の橋本榮治(はしもと・えいじ)氏を迎えます。
 橋本氏は1947年横浜市生まれ、同市在住。同人誌「件(くだん)」発行編集人、俳誌「馬醉木(あしび)」同人。俳人協会評議員。水原秋櫻子、福永耕二に指導を受け、句集「麦生(むぎふ)」で俳人協会新人賞を受賞しました。句集「逆旅(げきりょ)」「放神」、句文集「橋本榮治集」などがあります。
 当日は、「短歌を詠む俳人 蛇笏賞作家・相生垣瓜人(あいおいがき・かじん)」の演題で記念講演します。
20170515_01.jpg
特別選者 橋本榮治氏

 

●大会要項
 ◇日時 9月24日(日)午前10時から
 ◇会場 リンクステーションホール青森(青森市文化会館)5階大会議室
 ◇会費 3千円(昼食代含む)、高校生以下無料(昼食付き)
 ◇特別選 「当季雑詠」(1人1句)橋本榮治氏選
 ◇宿題 「芒(すすき)」=後藤岑生、畑中とほる、日野口晃、西谷是空、野村英利、三ヶ森青雲、吉田紅一、木村あさ子、関礼子、高橋千恵、千葉禮子、能登谷明子、松宮梗子、南美智子の14氏共同選
 ◇投稿 未発表の作品に限ります。はがき大の紙を2枚使用。うち1枚に特別選1句、もう1枚に宿題1句を、必ず楷書で書き、紙の右上にそれぞれ特別選、宿題と表記。どちらか1枚の裏面に郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、懇親会の出欠を明記(学生の場合は学校名、学年も)。大会会費(郵便小為替)を添え郵便番号030―0180、青森市第二問屋町3の1の89、東奥日報文化財団「県俳句大会係」にお送りください。問い合わせは同財団(電話017・739・7390)へ。
 ◇締め切り 8月24日(木)必着
 ◇席題 当日2題を出題(各題1人1句)。選者は草野力丸・吉田千嘉子・大瀬響史・金田一一子、木村秋湖・中村しおん・対馬迪女・木附沢麦青の8人による4人一組共同選
 ◇賞 当日の出席者を対象に採点し、総合1位に県知事賞、2位に県議会議長賞、3位に県教育長賞、そのほか20位までに賞品を贈ります。入賞作は東奥日報紙上と東奥日報文化財団ホームページに掲載します。
  ◇懇親会 大会終了後、橋本氏を囲んで開きます。会費千円。

 

第71回県文芸大会日程・特別選者決定

 東奥日報社と東奥日報文化財団が主催する第71回県文芸大会の日程と特別選者が、以下の通り決まりました。詳しい内容は後日、部門ごとに追って発表します。会場は、短歌、俳句、川柳のいずれも、青森市のリンクステーションホール青森(青森市文化会館)5階大会議室です。

 

◎県短歌大会
◇8月27日(日)

◎県俳句大会
◇9月24日(日)

◎県川柳大会
◇10月15日(日)

◇特別選者

20170515G00272010100_01.jpg

◇木村雅子(きむら・まさこ)氏

◇特別選者

20170515_02.jpg

◇橋本榮治(はしもと・えいじ)氏

◇特別選者

20170515_03.jpg

◇江畑哲男(えばた・てつお)氏

 歌誌「潮音」主宰。現代歌人協会理事。1948年、神奈川県鎌倉市生まれ。京都府立高校の国語教諭として長く勤務し、現在鎌倉市在住。鶴岡八幡宮献詠披講式選者。神奈川県歌人会役員。日本文藝家協会会員。日本歌人クラブ会員。祖父は「潮音」創刊者の太田水穂。2007年、第一歌集「星のかけら」が短歌新聞社第一歌集賞受賞。11年に第二歌集「夏つばき」、12年に現代短歌文庫「木村雅子歌集」を刊行した。

 俳誌「枻」代表・発行編集人。同人誌「件」発行編集人、俳誌「馬醉木」同人。1947年、神奈川県横浜市生まれ、現在も生地に住む。俳人協会評議員、日本文藝家協会会員。水原秋櫻子、福永耕二に指導を受け、句集「麦生」で俳人協会新人賞受賞、「馬醉木」編集長に就く。句集に「逆旅」「放神」、句文集「橋本榮治集」、評論集「水原秋櫻子の一〇〇句を読む」ほか。共著に「現代俳句の新鋭」など。

 東葛川柳会代表、流通経済大学付属柏高校(千葉県)講師。1952年、東京都生まれ。千葉県我孫子市在住。全日本川柳協会常任幹事、早稲田大学オープンカレッジ講師、日本文藝家協会会員ほか。学校教育の分野では授業実践を発表し続け、生涯学習の分野では講演や執筆のほか、川柳勉強会を各地で立ち上げる。著書に「句文集 ぐりんてぃー」「アイらぶ日本語」「近くて近い台湾と日本」「川柳文法力」など多数。

文芸大会日程・特別選者決定東奥日報社と東奥日報文化財団が主催する第71回県文芸大会の日程と特別選者が、以下の通り決まりました。詳しい内容は後日、部門ごとに追って発表します。会場は、短歌、俳句、川柳のいずれも、青森市のリンクステーションホール青森(青森市文化会館)