第72回県川柳大会のお知らせ

第72回県川柳大会 8月19日 小島蘭幸氏迎え

 東奥日報社と東奥日報文化財団は8月19日、「第72回青森県川柳大会」を青森市堤町1丁目のリンクステーションホール青森で開きます。特別選者に、全日本川柳協会理事長で川柳塔社主幹の小島蘭幸(こじま・らんこう)氏を迎えます。
TO20180525G00745010100_01.jpg
特別選者 小島蘭幸氏

  小島氏は1948年広島県竹原市生まれ、同市在住。竹原川柳会会長。広島県川柳協会会長、日本文藝家協会会員。中学3年生で川柳を始め、橘高薫風に師事。朝日新聞「朝日ひろしま柳壇」選者、NHK「ひるまえ川柳」(中国地方5県で放送)出演。竹原市内の高齢者施設で開かれる川柳教室の講師も務めています。句集に「再会」、「再会Ⅱ)」があります。
 当日は「句碑のお山と川柳大会の思い出」と題して講演します。

●大会要項
 ◇日時 8月19日(日)午前10時から
 ◇会場 リンクステーションホール青森5階大会議室
 ◇会費 3千円(昼食代含む)、高校生以下無料(昼食付き)
 ◇特別選 「雑詠」(1人2句)小島蘭幸氏選
 ◇宿題 各題1人2句
・「蛇足」=熊谷冬鼓、濱山哲也の2氏共同選
・「ひょっこり」=瀧尻善英、千島鉄男の2氏共同選
・「隠蔽(いんぺい)」=笹田かなえ、田沢恒坊の2氏共同選
・「スケジュール」=岩崎眞里子、野沢省悟の2氏共同選
 ◇投句 作品はすべて未発表に限ります。はがき大の紙を5枚用意し、特別選、宿題の題ごとに1枚の紙を使用。紙の右上に特別選、宿題名をそれぞれ記入し、各題2句ずつ必ず楷書で書いてください。いずれか1枚の裏面に郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、懇親会の出欠を明記(学生の場合は学校名、学年も)。大会会費(郵便小為替)を添えて、郵便番号030─0180、青森市第二問屋町3の1の89、東奥日報文化財団「県川柳大会係」宛てにお送りください。応募用紙は同文化財団ホームページ(http://www.toonippo.co.jp/z─bunka/)からもダウンロードできます。問い合わせは同文化財団(電話017・739・7390)へ。
 ◇締め切り 7月19日(木)必着
 ◇席題 当日2題出題。各題1人2句。選者は2題のうち一方が山野茶花子、髙瀨霜石の2氏、もう一方が田鎖晴天、工藤青夏の2氏による共同選
 ◇賞 当日の出席者を対象に採点し、総合1位に県知事賞、2位に県議会議長賞、3位に県教育長賞、ほか20位までの上位入賞者に賞品を贈り、入賞作は東奥日報紙上および東奥日報文化財団ホームページに掲載します。
 ◇懇親会 大会終了後、小島氏を囲んで開きます。会費千円。

第72回県川柳大会投稿用紙(PDF)



 6月22日夜、青森市のリンクステーションホール青森で開催される「プラハ放送交響楽団青森公演」を前に、同楽団との最後の日本公演となる指揮者オンドレイ・レナルト氏が県内外のファンに対し東奥日報紙を通じ、次のようにメッセージを寄せた。レナルト氏の青森公演は2015年以来3回目。



 青森市の県立美術館で開催中の企画展「絵画の絆『フランスと日本』展 モネ・ドガ・ピカソから大観まで─ひろしま美術館コレクション─」(東奥日報社などでつくる実行委員会主催)の来場者が6月12日、1万人を突破した。1万人目となった東京都墨田区の会社員大岡靖典さん(27)に、東奥日報社の池田俊介取締役事業担当・事業局長から記念品の図録などが贈られた。



◇とき 7月1日(日)午後1時から(受け付け開始午後0時30分)
◇ところ アピオあおもり(青森市中央3丁目)
◇参加資格 県内在住の中学生以下の少年少女
◇参加料 500円(参加賞付き)



第35回 県連珠選手権のお知らせ

◇日時 7月1日(日)午前10時対局開始
◇場所 中央市民センター2階実習室(青森市松原1丁目)
◇参加料 500円。小・中学生無料(昼食持参)



花柳流葉昌栄会に贈呈 東奥日報文化財団 こどもの文化事業助成

 東奥日報文化財団(理事長・塩越隆雄東奥日報社社長)の「こどもの文化事業助成制度」が2018年度助成先に選定した八戸市の日本舞踊・花柳流葉昌栄(はしょうえい)会(花柳葉昌栄会主)への助成贈呈式が6月3日、同市の「はちえきキャンバスin八日町」で開かれた。



 青森市の県立美術館で開催中の企画展「絵画の絆『フランスと日本』展 モネ・ドガ・ピカソから大観まで―ひろしま美術館コレクション―」(東奥日報社などでつくる実行委員会主催)の入場者が6月1日、5千人を突破した。5千人目となったのは、東京都の会社員杉野雄亮さん(37)。青森放送の永澤均・常務取締役営業局長から、記念品として企画展の図録などが贈られた。
 妻さおりさん(37)の青森市の実家に帰省中で、夫婦で同展を鑑賞した杉野さんは「(5千人目は)記念になりました。日本の画家など、今まで知る機会のなかった作品も見られて良かった」と笑顔で話した。



県将棋三段位獲得戦のお知らせ

◇日時 6月10日(日)午前9時45分集合
◇場所 日本将棋連盟青森支部道場(青森市緑3丁目)
◇参加料 一般・大学生2千円、中・高校生1500円、小学生千円



第72回県文芸大会日程・特別選者決定

 東奥日報社と東奥日報文化財団が主催する第72回県文芸大会の日程と特別選者が、以下の通り決まりました。詳しい内容は後日、部門ごとに追って発表します。会場は、川柳、短歌、俳句のいずれも、青森市のリンクステーションホール青森(青森市文化会館)5階大会議室です。



◎日時 6月3日(日)午前9時半受付、10時開始
◎場所 日本将棋連盟青森支部道場(青森市緑3丁目)
◎参加資格 県内在住の小・中学生
◎参加料 500円(昼食持参)



 1  2  3  4  5