東奥日報 東奥賞


第57回東奥賞


 東奥日報社は本年度の第57回東奥賞を川柳作家の杉野草兵さん(蟹田町)と県農林総合研究センター畜産試験場和牛改良技術センター(森田村)に贈ることを決めました。贈呈式は12月4日午前11時から、青森市の青森グランドホテルで行います。
 本年度は既に、第28回オリンピック・アテネ大会のレスリング女子63キロ級で金メダルに輝いた伊調馨選手(八戸市出身、中京女大)と48キロ級で銀メダルを獲得した伊調千春選手(同)の姉妹、柔道男子90キロ級で銀メダルの泉浩選手(大間町出身、明大)に第57回東奥賞、ソフトボールで銅メダルの斎藤春香選手(弘前市出身、日立ソフトウェア)に東奥賞特別栄誉賞を贈りました。
 東奥賞は本社が1948(昭和23)年に制定。2003年度までに、県内外の各分野で活躍し、郷土の発展に貢献した133個人・66団体に東奥賞、8人に特別賞、7人に特別顕彰、1人に特別栄誉賞を贈りました。今回決まった受賞者の業績は11月27日付朝刊で紹介します。


■ 東奥賞
杉野 草兵氏(蟹田町)−川柳の指導、普及に情熱を傾け、戦後の県川柳壇振興に貢献

県農林総合研究センター畜産試験場和牛改良技術センター(森田村)
 −肉用の名牛「第1花国号」(種雄牛)を開発

インデックスに戻る


HOME