東奥日報 東奥賞




  本年度で第53回を迎える東奥賞各賞を左記の5氏に贈ることに決まりました。贈呈式は12月2日午前11時から、青森市のホテル青森で行います。東奥賞は東奥日報社が昭和23年に創刊60周年と紙齢2万号の記念事業のひとつとして制定したものです。これまでに産業経済、学術文化、社会事業、スポーツなど各分野で活躍し、郷土の発展に貢献した122人と64団体の170業績(ほかに特別賞6人・6業績、特別顕彰3人・1業績、特別栄誉賞1人・1業績)に贈り、その業績と功労を顕彰して参りました。
 今年の受賞者の業績は11月29日付朝刊で紹介します。


■ 東奥賞
三ツ谷 平治氏(青森市)−県歌壇の発展に貢献、後進を育成指導
岩舘  義博氏(八戸市)−県南リンゴ農家のリーダーとして活躍


■ 東奥賞特別賞
馬場 のぼる氏(三戸町出身、東京都)−漫画や絵本で子供たちに夢を与え続ける


■ 東奥賞特別顕彰
畑山  隆則氏(青森市出身、神奈川県)−世界ボクシング協会2階級制覇を達成
斎藤  春香氏(弘前市出身、神奈川県)−シドニー五輪ソフトボールで銀メダル獲得

インデックスに戻る


HOME