東奥日報


東奥児童美術展 版画の部・推奨


■ 「お空にたくさんのこいのぼりが泳いでいたよ」 −青森・のざわ保育園 對馬 陸斗
  作品    
 たくさんのこいのぼりが、とても気持ちよさそうに泳いでいます。一緒に見上げた友だちとのおしゃべりも聞こえてきます。大小の6匹のこいのぼりや陸斗さんと友だち、根気強く、とてもよく頑張ったと感心しました。
(元青森市大野小学校長 中谷則子)


■ 「はやいよぉ」 −つがる・菰槌保育園 中村 彩愛
  作品    
 「こんなにはやくこいだの、はじめてなんだ。」彩愛さんの驚きが伝わってきます。見開いた大きな目や口、がっちりつかんだ手、大きく斜めに表した人物やブランコ、感動を忘れないうちに頑張ってつくりあげた勢いのある作品です。
(元青森市大野小学校長 中谷則子)


■ 「僕の顔」 −おいらせ・百石幼稚園 とよの りゅうじろう
  作品    
 作品を見ていると、りゅうじろうくんが語りかけてくるようです。心を込めて目や鼻などを工夫していく過程で、今まで気づかなかった自分を知るきっかけになったと思います。今の自分を、精一杯表現した素晴らしい作品です。
(元青森市幸畑小学校長 工藤玲子)


■ 「あさがおのたね、いっぱいできたよ」 −青森・幸畑小2年 逢坂 梨里
  作品    
 あさがおをタネから育てたんでしょう、花もたくさんつけたはずです。だからタネもたくさんできました。その様子が、梨里さんの表情(顔ばかりか手・足・身体の様子)にあふれ出ています。明白ですっきりとした感じを与える、いかにも2年生らしい紙版画の特性を知らしめる作品になっています。
(元青森市莨町小学校長 小鹿哲朗)


■ 「海の中は生き物がいっぱい!」 −六ヶ所・倉内小5年 古川 憂珠季
  作品    
 白と黒、そしてハーフトーンと・・・・いろいろな彫刻刀で見事に表現されていて、とてもきれいな作品に仕上がっています。特に平刀でていねいに彫られた海の部分は柔らかく、やさしい波や動きを感じさせてくれます。
(元青森市莨町小学校長 小鹿哲朗)


■ 「一本の木に虫がいっぱい!!」 −三沢・古間木小6年 古田 璃人
  作品    
 大胆な構図ですが、クワガタ等を発見した時の驚き・喜びが伝わってきます。黒の中の白、白の中の黒と対象を鮮明に彫っています。また主題を強調するために、璃人君や友だちの表情が見事に生かされています。
(元青森市莨町小学校長 小鹿哲朗)



インデックスに戻る


HOME