東奥日報


東奥児童美術展 図画の部・推奨


■ 「おたまじゃくし はやく大きくなって カエルになぁれ」 −青森・八ツ橋保育園 津島 璃久
  作品    
 大好きなおたまじゃくしを表情豊かに表現した素晴らしい作品です。興味あるものとじっくりかかわることができる場の設定があってはじめて生まれる絵です。水槽に顔をつけてお話をしている声が聞こえてくるようです。
(元青森市幸畑小校長 工藤玲子)


■ 「お月さまにとどくかな?」 −五所川原・第二さつき保育園 浜谷 裕人
  作品    
 お空のお月様にとどこうとかめさんがまず下で立ち上がって頑張り、最後にぞうさんが長い鼻をせいいっぱい伸ばしています。夢のある楽しいお話の絵です。彩色も必要なところだけにして子どもの思いを大切にしています。
(元青森市幸畑小校長 工藤玲子)


■ 「おおきいかさでよかったね!!」 −三沢・いちい幼稚園 小野あいな
  作品    
 画面一杯の大きな黄色いかさが、動物たちをざーざーぶりの雨から守ってくれています。それを見ているあいなさんがぬれなくてよかったねとにこにこしています。とても優しい作品に仕上げてくれました。
(青森市大野小校長 中谷則子)


■ 「いるかしょう」 −青森・金沢小1年 佐藤 葵斗
  作品    
  遠足で見たイルカショー。輪くぐりやジャンプ次々と繰り広げる技がどれもすごかったことを表したかったことが伝わってきます。子ども達の釘付けになっている目や表情からも楽しかったことが分かります。
(青森市大野小校長 中谷則子)


■ 「たんぽぽのゆめ」 −青森・橋本小2年 成田 南乃
  作品    
 野原一杯に咲いたタンポポに体中つつまれて虹までとんでいくことができたらどんなに素敵でしょう。周りを白く残したことで、赤い服、黄色いタンポポ、野原と木の濃い緑、虹の色がとてもきれいです。
(青森市大野小校長 中谷則子)


■ 「天井があいた」 −八戸・桔梗野小4年 梅川 柚衣
  作品    
 造船所の中の重々しい現場の雰囲気が黄ボール紙の特質を生かした彩色により上手に表れています。また、人物の表情や屋根の向こうに見える夕焼け空からは逆にホッとした空間を感じます。素直な表現が印象的です。
(八戸市湊小校長 寺地義道)


■ 「教室の窓から見た景色」 −蓬田・蓬田小5年 川崎 拓斗
  作品    
 爽やかな季節の色が感じられる作品です。建物や校庭の緑、背景の空の色が十分に光を吸って、鮮やかに目に映ってきます。本来持っている色を素直に表現しています。また、木製の窓枠はなぜか温かみを感じさせます。
(八戸市湊小校長 寺地義道)


■ 「空にそびえ立つ五稜郭タワー」 −八戸・小中野小6年 野辺 阿瑠真
  作品    
 タワーの持つ特徴をよくとらえるために、ぐっと近づいた視点で描いたことが、迫力を感じさせる作品になりました。壁の色の陰影や背景の海や空の色もじょうずに描かれています。また、思い出の場所を背景に配置した構図に工夫が見られます。
(八戸市湊小校長 寺地義道)


■ 「Y字路」 −青森・沖館中2年 山田 実鈴
  作品    
 身近な景色の中の「Y字路」のもつ不思議な魅力に心ひかれたのでしょう。青い色中心の画面の中心に緑や黄、そして鮮やかな赤が美しく心に残ります。強い建物の影、うごめく様な青空の描き方で、夏の日の空気まで伝わってきます。
(前弘前一中校長 佐々木健)



インデックスに戻る


HOME