東奥日報


東奥児童美術展 版画の部・推奨


■ 「パス!パス!シュート!!」 −青森・青森幼稚園 おち けいや
  作品    
 大好きなサッカーをお兄ちゃんと夏休みにできたうれしさが伝わってくる作品です。ボールを蹴っているのがけいや君、隣がお兄ちゃんです。一緒が楽しいという素直な気持ちがそのまま台紙に貼る紙版画で表現されています。
(元青森市幸畑小校長 工藤玲子)


■ 「次こそぜったい跳んでやる!!」 −つがる・菰槌保育園 新岡 珀
  作品    
 大きな声とともに跳び箱から手を離して跳び越す瞬間を迫力ある構成で表現しています。大きく開いた足と腕の重なりは、紙を重ねて版をつくっていく中で珀くんが工夫したと思います。シンプルで明快、躍動している版画です。
(元青森市幸畑小校長 工藤玲子)


■ 「だちょうと目がピカッと合ったよ」 −おいらせ・百石小2年 平 翔多
  作品    
 「だちょう」さんと目が合うなんて怖くありませんでしたか・・・・そんな驚きとだちょうさんの大きさが見事に表現されている作品です。首周りの描き込みが「版画」の「絵」の一種として効果的に使われています。
(元青森市莨町小校長 小鹿哲朗)


■ 「ラッキー 音ぷのもようの葉っぱだ」 −外ヶ浜・平舘小3年 鷲尾 敬也
  作品    
 青森県独特の3年生による「紙板併用版画」によるものです。柔らかさ・やさしさはこの版種の表現に適しています。音ぷのもようの葉っぱの発見ばかりでなく、樹木の葉っぱにもリズムを感じるのは私だけでしょうか・・・・
(元青森市莨町小校長 小鹿哲朗)


■ 「野菜がいっぱいとれたよ!」 −外ヶ浜・平舘小4年 福井 大河
  作品    
 白と黒の流れるような配置がとてもきれいです。平刀で表現した土の部分もとても柔らかくなるよう工夫されています。
(元青森市莨町小校長 小鹿哲朗)


■ 「火つけるぞ」 −六戸・六戸小5年 畠山 修弥
  作品    
 白黒版画の真骨頂・・・黒に対する白、白に対する黒・・・・とても工夫されています。ほとんど「丸刀」で彫られ、「まろみ」「柔らかさ」も感じられる作品になっています。
(元青森市莨町小校長 小鹿哲朗)


■ 「引っ張れ!紅組!!」 −むつ・奥内小6年 竹山 裕樹
  作品    
 「板紙凸版画」によるハーフトーンをうまく・やさしく生かした作品です。余計な部分を切り取り、まるで「切り紙版画」のような効果も出しています。カッターナイフによる細い繊細な線や柔らかい肌・表情に注目してください。
(元青森市莨町小校長 小鹿哲朗)


■ 「おおいかぶさる木」 −東北・東北中3年 清水目 なな子
  作品    
 身近にある観葉植物のおもしろさをドライポイントで表現しました。重なった葉の一枚一枚に至るまでよく観察し、丁寧に時間をかけて仕上げ、茎と葉の質感の違いまで表しています。画面構成、白黒のバランスが素晴らしい作品です。
(前弘前一中校長 佐々木健)



インデックスに戻る


HOME