東奥児童美術展 推奨・特選作品

 第83回東奥児童美術展(東奥日報社などによるTTHAグループ主催、県立郷土館、東奥日報文化財団共催、サクラクレパス協賛)の最終審査が2015年9月5日、青森市の東奥日報社本社で行われ、入賞作品537点が決まった。県内各地の幼稚園・保育園の園児、小中学生から図画5013点、版画845点の応募があった。(美術展本展は10月2~12日、青森市の県立郷土館で開催)

※画像をクリックすると選評などが表示されます

推 奨 作 品

  • 『どのフキがおいしいかなぁ』

    『どのフキがおいしいかなぁ』
    『どのフキがおいしいかなぁ』

    図画の部

    『 どのフキがおいしいかなぁ 』

    青森・八ツ橋保育園
    工藤 凛桜

     太い筆で迷いなく筆を進めていった勢いのある線から生命力を感じます。中央の大きなフキの葉とその左右にあるフキとの絶妙なバランスは、凜桜さんならではの表現だと思いました。クレヨンで描いた友達との楽しい会話が聞こえてきそうです。

    (元青森市幸畑小校長 工藤玲子)

  • 『りんごの花白かった』

    『りんごの花白かった』
    『りんごの花白かった』

    図画の部

    『 りんごの花白かった 』

    五所川原・第一さつき保育園
    小野 大我

     画面中央に描いた太い幹、暖かい太陽の光が当たる右側から、たくさんの枝が伸び、美しく咲き誇る満開の白い花が、目に飛び込んでくる作品です。子供ならではの新鮮な目でとらえ、心で感じたことを素直に表現した素晴らしい作品です。

    (元青森市幸畑小校長 工藤玲子)

  • 『くじら』

    『くじら』
    『くじら』

    図画の部

    『 くじら 』

    三沢・チャリティー第二保育園
    田中 彩未那

     大きな口、かわいい目と鼻。巨大なクジラが今にも飛び出してきそうです。クレヨンと絵の具を上手に使い分け、一気に仕上げた作品は、彩未那さんの感動がとてもよく 表れています。

    (元青森市大野小校長 中谷則子)

  • 『しんぞうけんしん』

    『しんぞうけんしん』
    『しんぞうけんしん』

    図画の部

    『 しんぞうけんしん 』

    青森・小柳小1年
    鈴木 琉生

     じっと目を見開き、ベッドの上で身動き一つせず受ける心電図検査の様子から子どもらしい緊張感が感じられます。黄緑のベッド、緑の枕、白いシーツ、緑の短パン等の色彩が画面を引き締めています。自分の思いが端的に表現された作品です。

    (元青森市浪打小校長 久保田陽子)

  • 『たんぽぽのせかい』

    『たんぽぽのせかい』
    『たんぽぽのせかい』

    図画の部

    『 たんぽぽのせかい 』

    青森・浦町小2年
    吉川 大永

     わたげがたくさん飛んでいる世界で、どの子も楽しそうに思う存分遊び、笑い声まで聞こえそうなくらいです。画面全体から喜びと暖かさがあふれ、見る者を惹きつけます。二年生らしい伸び伸びとした明るさが前面に出た素晴らしい作品です。

    (元青森市浪打小校長 久保田陽子)

  • 『ウミネコに会いに行ったよ』

    『ウミネコに会いに行ったよ』
    『ウミネコに会いに行ったよ』

    図画の部

    『 ウミネコに会いに行ったよ 』

    八戸・小中野小3年
    栗原 姫菜子

     誠実に心を込めて取り組んでいる姿勢が随所に見られます。ウミネコの表現の工夫、海と空の間に見える存在感のある神社、アクセントの赤い鳥居、自分なりに捉えた蕪島を丁寧に描いています。作品に奥行きと高さが感じられる構図は見事です。

    (元青森市浪打小校長 久保田陽子)

  • 『にんじんの収かくのお手伝い』

    『にんじんの収かくのお手伝い』
    『にんじんの収かくのお手伝い』

    図画の部

    『 にんじんの収かくのお手伝い 』

    おいらせ・百石小4年
    沼端 隼矢

     畑に顔を出している人参と行儀よく収穫されていく人参の様子が上手に表現されています。また、農機具を動かしているお父さんとの会話が聞こえてくるようです。人参の大きな袋と農機具、タイヤ痕が画面の中で工夫され、広がりが感じられます。

    (八戸市新井田小校長 寺地義道)

  • 『汗かくスキー』

    『汗かくスキー』
    『汗かくスキー』

    図画の部

    『 汗かくスキー 』

    平川・竹館小5年
    相馬 日南

     雪の白さの中にストックや体育館のピンクが効果的に表現され、寒い冬の風景ですが、何か温かみが感じられる絵です。中心の人物と後ろで滑っている人物、体育館などが上手に画面構成されています。

    (八戸市新井田小校長 寺地義道)

  • 『波と動くイカつり船』

    『波と動くイカつり船』
    『波と動くイカつり船』

    図画の部

    『 波と動くイカつり船 』

    八戸・小中野小6年
    島脇 光

     手前の人物とイカ釣り船、向こうに見える特徴的な二つの橋が上手に画面構成されています。また、穏やかな空、少しうねりのある波などの彩色を見ると、丁寧にまじめに描かれた作品だと思われます。

    (八戸市新井田小校長 寺地義道)

  • 『せせらぎ』

    『せせらぎ』
    『せせらぎ』

    図画の部

    『 せせらぎ 』

    十和田・甲東中1年
    豊川 英奈

     せせらぎの爽やかさが感じられ、心が洗われるような美しい作品になりました。
     画面の静けさの中に鳥のさえずりさえ聞こえてくるような気がします。軽妙な筆致と透明感のある色調、それにも増して影絵のようなどっしりとした大きな岩の存在感が、この作品を成功に導いた鍵といえます。

    (元弘前市北辰中校長 前田幸子)

  • 『奥入瀬渓流の自然美』

    『奥入瀬渓流の自然美』
    『奥入瀬渓流の自然美』

    図画の部

    『 奥入瀬渓流の自然美 』

    十和田・甲東中2年
    櫻田 鈴々

     奥入瀬の渓流は訪れる人々にさまざまな姿を見せてくれます。そんな中で、作品の渓流は力強さと勢いがあり、画面に吸い込まれていくような錯覚さえおぼえます。
     画面全体のこなれた色づかいや木々の緑の変化と渓流の筆のタッチの使い分けのうまさ等、観る人を惹きつけるたくさんの魅力があります。

    (元弘前市北辰中校長 前田幸子)

  • 『明日を夢見る僕』

    『明日を夢見る僕』
    『明日を夢見る僕』

    図画の部

    『 明日を夢見る僕 』

    十和田・甲東中3年
    沼岡 航平

     主調色のグラディーションのうまさ、そこからくる最も自分らしい表情の自己表現の巧みさは人物の性格さえ伝わってくるようです。3年生ならではの熟達した最高学年としての自信さえも感じられます。「明日を夢見る僕」として誇りを持ち、美術で培った感性を今後も磨き生かしてほしいものです。

    (元弘前市北辰中校長 前田幸子)

  • 『歯みがきシャカシャカがんばるよ』

    『歯みがきシャカシャカがんばるよ』
    『歯みがきシャカシャカがんばるよ』

    版画の部

    『 歯みがきシャカシャカがんばるよ 』

    青森・八ツ橋保育園
    豊島 圭吾

     ほのぼのとした顔や体の表情やていねいにつくった歯ブラシから、楽しみながら歯みがきをがんばっている圭吾さんの様子がとてもよく伝わってきます。刷りもとても美しいです。

    (元青森市大野小校長 中谷則子)

  • 『今日は長く跳ぶゾー!!』

    『今日は長く跳ぶゾー!!』
    『今日は長く跳ぶゾー!!』

    版画の部

    『 今日は長く跳ぶゾー!! 』

    五所川原・みどりの風こども園かなぎ
    野宮 叶華

     叶華さんは、友達と一緒にがんばって長く跳んだ時の様子がよくわかるように、縄の動きや顔の表情を工夫しながら紙を切ったりはったりしました。二人の人物を場面に上手に配置しました。

    (元青森市大野小校長 中谷則子)

  • 『あっ! トンボ !!』

    『あっ! トンボ !!』
    『あっ! トンボ !!』

    版画の部

    『 あっ! トンボ !! 』

    おいらせ・百石幼稚園
    塩塚 堅心

     思わず「あっ! トンボ !!」と、声をあげた瞬間を、紙版画で表現した素晴らしい作品です。トンボを見つけて驚いた時の様子を、髪の毛が逆立つように表現したり、見つけたトンボの形を工夫したりして、楽しんで版をつくっていった堅心さんの姿が浮かびます。

    (元青森市幸畑小校長 工藤玲子)

  • 『すすめ ろくぼく』

    『すすめ ろくぼく』
    『すすめ ろくぼく』

    版画の部

    『 すすめ ろくぼく 』

    青森・筒井小1年
    くどう ゆり

     いっしょうけんめいに、そして楽しそうに、ろくぼくで遊ぶゆりさん。この様子を表すために、このように、ろくぼくを手前に、ゆりさんの体をむこうがわにしたのは、とても苦労したことでしょう。これが大成功ですね。楽しそうな顔や手足の様子が、とてもよくわかりますよ。

    (元青森市莨町小校長 小鹿哲朗)

  • 『いたぞ、いたぞ』

    『いたぞ、いたぞ』
    『いたぞ、いたぞ』

    版画の部

    『 いたぞ、いたぞ 』

    青森・新城小2年
    今野 かずはる

     浅虫水族館の「さかなのトンネル」での様子でしょうか?いろんなさかなたちを発見して、見上げたり、指さしているという作り方がほとんどなのですが、かずはるくんは、きっと、さかなクンたちに逃げられないようにと気づかいながら、ゆっくりと興味深げに観察したのでしょう。その様子を、体全体・顔の表情でとても上手に表現してくれています。

    (元青森市莨町小校長 小鹿哲朗)

  • 『理科のかんさつ』

    『理科のかんさつ』
    『理科のかんさつ』

    版画の部

    『 理科のかんさつ 』

    むつ・川内小4年
    加藤 勝英

     板紙凸版という版種による作品です。「剥ぎ取り」の深浅により、濃淡が微妙に変化していて、とてもきれいに仕上がっています。特に、この版種の特徴であるハーフトーンがよく出ています。勝英くんは、人物の動きの様子や、顕微鏡・実験器具などのスケッチ力がとても優れています。版画の下絵を描く際に、とても重要なことです。

    (元青森市莨町小校長 小鹿哲朗)

  • 『とられるもんか!』

    『とられるもんか!』
    『とられるもんか!』

    版画の部

    『 とられるもんか! 』

    平川・碇ケ関小5年
    白戸 一栞

     大胆に2人の人物を手前に大きく配置して、ドリブルをあらそう様子が描かれています。この後一栞さんのシュートは決まったのではないでしょうか?そんなことを感じさせるほど、手前に動き進んでいるように彫ってくれています。さらに、後方にサッカーゴールを小さく配置することによって、テーマが完全に伝わってくると言う、的を得た作品になっています。

    (元青森市莨町小校長 小鹿哲朗)

  • 『おふろそうじ』

    『おふろそうじ』
    『おふろそうじ』

    版画の部

    『 おふろそうじ 』

    七戸・七戸小6年
    大下内 尭

     お手伝いでしょうね、上手にやっているようで感心しました。白・黒の配置もとてもきれいで、細部を除けば丸刀1本で力強くシュッシュッと彫り進めていったことがわかります。最近ではあまり感じられない、男の子にも見られる「ほのぼのとした」優しさを示してくれた傑作だと思います。

    (元青森市莨町小校長 小鹿哲朗)

  • 『愛車』

    『愛車』
    『愛車』

    版画の部

    『 愛車 』

    十和田・十和田第一中3年
    橋端 真菜

     観察力・スケッチ力・デッサン力、さらに大変な根気が要求されるドライポイント作品です。「愛車」を真心込めて、針で引っ掻けば引っ掻くほど強く出ている様子が伝わってきます。構成的に、もう少し下部を入れてほしいところもありましたが、十分に見答えのある作品に仕上がっています。

    (元青森市莨町小校長 小鹿哲朗)

特 選 作 品

  • 「ガタゴトでんしゃ」

    「ガタゴトでんしゃ」
    「ガタゴトでんしゃ」

    図画の部

    「ガタゴトでんしゃ」

    青森・青森東保育園
    鹿内 樹

  • 「しゃぼん玉とおともだち」

    「しゃぼん玉とおともだち」
    「しゃぼん玉とおともだち」

    図画の部

    「しゃぼん玉とおともだち」

    青森・青森東保育園
    佐藤 優空

  • 「こーんなきれいなはなびをみたよ」

    「こーんなきれいなはなびをみたよ」
    「こーんなきれいなはなびをみたよ」

    図画の部

    「こーんなきれいなはなびをみたよ」

    五所川原・こども園津軽野
    岩崎 京香

  • 「ふうせんでお散歩したよ。」

    「ふうせんでお散歩したよ。」
    「ふうせんでお散歩したよ。」

    図画の部

    「ふうせんでお散歩したよ。」

    五所川原・第一さつき保育園
    境 皇雅

  • 「ピアノを弾く私」

    「ピアノを弾く私」
    「ピアノを弾く私」

    図画の部

    「ピアノを弾く私」

    八戸・ほぞの保育園
    田中 まり

  • 「僕、初めて木登りしたぞ。」

    「僕、初めて木登りしたぞ。」
    「僕、初めて木登りしたぞ。」

    図画の部

    「僕、初めて木登りしたぞ。」

    八戸・日計保育園
    本田 晴丸

  • 「たのしかったイルカショー」

    「たのしかったイルカショー」
    「たのしかったイルカショー」

    図画の部

    「たのしかったイルカショー」

    青森・大野小1年
    足利 秀

  • 「たのしい水えい学習」

    「たのしい水えい学習」
    「たのしい水えい学習」

    図画の部

    「たのしい水えい学習」

    青森・筒井南小2年
    伊藤 早南

  • 「ドッチボール楽しかったよ」

    「ドッチボール楽しかったよ」
    「ドッチボール楽しかったよ」

    図画の部

    「ドッチボール楽しかったよ」

    青森・NHK文化センター青森教室「こどもの絵画」
    高坂 悠真(小学3年)

  • 「迫力まん点青森ねぶた祭り」

    「迫力まん点青森ねぶた祭り」
    「迫力まん点青森ねぶた祭り」

    図画の部

    「迫力まん点青森ねぶた祭り」

    おいらせ・百石小4年
    森下 璃香

  • 「ぼくたちの学校」

    「ぼくたちの学校」
    「ぼくたちの学校」

    図画の部

    「ぼくたちの学校」

    八戸・小中野小5年
    三橋 郁

  • 「私が住んでる青森市」

    「私が住んでる青森市」
    「私が住んでる青森市」

    図画の部

    「私が住んでる青森市」

    青森・金沢小6年
    児玉 結菜

  • 「ピアノ」

    「ピアノ」
    「ピアノ」

    図画の部

    「ピアノ」

    青森・浪岡中1年
    堀内 京美

  • 「テーブルの上の静物」

    「テーブルの上の静物」
    「テーブルの上の静物」

    図画の部

    「テーブルの上の静物」

    青森・浪岡中2年
    兼田 大志

  • 「青森の暑い夏 ねぶたとアスパム」

    「青森の暑い夏 ねぶたとアスパム」
    「青森の暑い夏 ねぶたとアスパム」

    図画の部

    「青森の暑い夏 ねぶたとアスパム」

    青森・浪岡中3年
    櫻庭 総哉

  • 「しゃぼん玉いっぱい」

    「しゃぼん玉いっぱい」
    「しゃぼん玉いっぱい」

    版画の部

    「しゃぼん玉いっぱい」

    青森・青森東保育園
    三上 紗也華

  • 「ダンゴムシさん葉っぱの上でおやすみなさい」

    「ダンゴムシさん葉っぱの上でおやすみなさい」
    「ダンゴムシさん葉っぱの上でおやすみなさい」

    版画の部

    「ダンゴムシさん葉っぱの上でおやすみなさい」

    中泊・薄市こども園
    奈良 雅

  • 「うさぎさんかわいいなぁ」

    「うさぎさんかわいいなぁ」
    「うさぎさんかわいいなぁ」

    版画の部

    「うさぎさんかわいいなぁ」

    七戸・七戸幼稚園
    高西 望緒

  • 「おおきくなってね」

    「おおきくなってね」
    「おおきくなってね」

    版画の部

    「おおきくなってね」

    外ケ浜・平舘小1年
    小笠原 瑠佳

  • 「ペンギンかわいいね」

    「ペンギンかわいいね」
    「ペンギンかわいいね」

    版画の部

    「ペンギンかわいいね」

    青森・金沢小2年
    高坂 杏奈

  • 「リレー」

    「リレー」
    「リレー」

    版画の部

    「リレー」

    むつ・川内小3年
    成田 大洋

  • 「学校でキュウリがとれた」

    「学校でキュウリがとれた」
    「学校でキュウリがとれた」

    版画の部

    「学校でキュウリがとれた」

    十和田・下切田小4年
    豊川 莉湖

  • 「マラソンゴール!」

    「マラソンゴール!」
    「マラソンゴール!」

    版画の部

    「マラソンゴール!」

    平川・竹館小5年
    相馬 日南

  • 「五キロメートルすべり下りるぞ」

    「五キロメートルすべり下りるぞ」
    「五キロメートルすべり下りるぞ」

    版画の部

    「五キロメートルすべり下りるぞ」

    外ケ浜・平舘小6年
    前田 咲花

  • 「届け!私の声」

    「届け!私の声」
    「届け!私の声」

    版画の部

    「届け!私の声」

    東北・東北中3年
    清水目 実花