• トップ
  • »
  • 断面
  •   
  • 2017年10月3日(火)

希望への民進合流/不信極まり四分五裂/排除でリベラルあぶり出し

 民進党の枝野幸男代表代行が2日、新党「立憲民主党」結成を表明した。希望の党への合流を巡り、小池百合子代表の「排除」であぶり出されたリベラル系が衆院選公示を10日に控え、決断を迫られた形だ。民進党内では「前原誠司代表も排除に加担した」として不信感が頂点に達し、野党第1党は四分五裂に陥った。希望の党と自民党との違いはますます不鮮明となってきた。

 ▽タイムリミット

 「政治家にとって理念や政策は何ものにも代え難い。譲ってはならない筋だ」。2日夕、枝野氏は新党結成を宣言した。

 ただ記者会見に臨んだのは1人だけ。高揚感はなかった。新党には、安倍政権下での憲法改正に慎重な赤松広隆元衆院副議長らの参加が見込まれるが、岡田克也元代表らは無所属での出馬を明らかにし、道をたがえた。

 枝野氏は、リベラルはもとより幅広い結集を目指すが、全国規模の政党に育つかは見えない。

 当初は合流を楽観していた。希望の党が改革保守を掲げるとはいえ、連携を図る連合が支援するリベラル系を切り捨てられないと踏んだからだ。

 だが憲法観や安全保障政策で踏み絵を迫る小池氏の排除路線は強まるばかり。「仲間を助けなければ」と焦る枝野氏は、赤松氏や長妻昭選対委員長らと協議を重ねた。

 無所属の場合、比例代表と重複立候補ができないなど選挙運動が制約される。この間、枝野氏は民進党公認での出馬を求めたが、前原氏は「希望と戦うことになる」として認めなかった。「分党」など議員数に応じて政党交付金が分配される道も探ったが、前原氏が容認するはずもなかった。

 「タイムリミットだ」。枝野氏らは10月1日夜、新党にかじを切った。

 ▽疑惑

 枝野、前原、小池3氏は日本新党出身。特に枝野、前原両氏は1993年の衆院初当選以来、歩みを共にしてきた。2日の会見直前、枝野氏から電話で新党結成の報告を受けた前原氏は「24年間一緒だったのに残念だ」と応じた。だが戦友の「排除」撤回を強く求めた様子はない。

 候補者調整を進める希望の党の若狭勝氏は9月30日、民進党の窓口である玄葉光一郎総合選挙対策本部長代行に「民進党の動きが遅く、作業できない」と怒りをぶちまけた。これが民進党内に伝わると、「真綿で首を絞めるリベラル切り」(党関係者)は前原氏も承知の上だとの疑惑が一気に強まった。

 小池氏は政策を基に「選別」する方針を当初から伝達していたと主張。だが、前原氏は29日のテレビ番組で「小池さんとこの話をしたことはない」としており、2人の発言には食い違いがある。党に残留を余儀なくされる参院議員を中心に怒りは収まらない。衆院選後に前原代表の解任などに発展しかねない状況だ。

 ▽補完勢力

 小池氏は2日、枝野氏の新党結成を記者団に問われ「それぞれがお決めになることだ」と、どこ吹く風だ。周辺には「これで良かったのよ」と本音を漏らした。

 リベラル系を排除したのも「改革保守」政党の立ち位置を明確にするためだ。新党関係者も「枝野氏らが合流せずすっきりした」と語る。

 一方、保守で塗り固めることに腐心するあまり、「第2自民党」との批判は強まりそうだ。共産党の小池晃書記局長は会見で「自民党の補完勢力にすぎない」と切り捨てた。自民党幹部も「政策も抽象的で、自民党との違いが分からない」と首をかしげた。

(共同通信社)

モバイルサイトのご案内

広告掲載のご案内