• トップ
  • >
  • 天地人のバックナンバー
  • 2018年2月15日(木)

天地人

 平昌五輪で日本勢のメダル獲得が続いている。きのうもスピードスケート女子1000メートルの小平奈緒選手ら4人が銀メダルと銅メダルに輝くなど、手に汗握る熱戦が繰り広げられた。

 県民にとっては、アイスホッケー女子「スマイルジャパン」の五輪初勝利も大きな喜びだ。1次リーグの最終戦、韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」との一戦を制した。八戸市出身のFW中村亜実選手らの闘志あふれるプレーに、県民は熱い声援を送った。準々決勝進出を逃したのは残念だが、手応えを感じたはずだ。

 韓国と北朝鮮が南北融和をアピールするこの五輪。南北合同チーム「コリア」は、その象徴。注目されたのは試合そのものだけではなく観覧席もだ。北朝鮮の応援団が先の試合会場で、そろいの男性のお面をかぶって歌ったのには驚いた。

 韓国の一部メディアが「故金日成主席の仮面」と伝えたが、韓国統一省が否定。お面の正体は、北朝鮮の歌謡曲を歌う際、男性役を演じるために使う「美男子仮面」との説が有力などとされる。

 大勢が同じお面を着けているのを見たことがある。1998年秋、青森市で上演された市街劇「人力飛行機ソロモン」。寺山修司のお面を着けた人たちがまちにあふれ、虚構と現実の境界があいまいになった空間が広がった。五輪をきっかけにした南北融和は、虚実を見極める必要がありそうだ。

モバイルサイトのご案内

広告掲載のご案内