• トップ
  • >
  • 天地人のバックナンバー
  • 2017年10月7日(土)

天地人

 どうしても、日本人の受賞はあるのか、有力候補と取りざたされる村上春樹さんは-という点にばかり注目してしまうノーベル文学賞。昨年のボブ・ディランさんにはびっくりしたが、今年のカズオ・イシグロさんにも驚いた。

 長崎に生まれ日本人の名前を持つ英国人。長編「わたしを離さないで」の表題はジャズの曲名に由来し、親交のある村上さんからCDを贈られたと過去のインタビュー記事にあった。

 文芸評論家の川村湊さんは著書「村上春樹はノーベル賞をとれるのか?」(光文社新書)で村上さんのライバルとしてイシグロさんの名前を挙げていた。村上さん受賞の可能性は近づいたのか遠のいたのか。ハルキストらの文学談義が当分続きそうだ。

 候補といっても民間の賭け屋の予想にすぎない。実際の候補者名は50年間非公開とされている。それでも村上さんの受賞を待つ声がやまないのは、その作品が現代を生きる人々の心に共通して響く物語と評され、世界中に読者を獲得しているからだろう。

 この時期になると、こちらもそわそわして村上作品を取り出したり、関連本をチェックしたりするのが習い性になってしまった。発表を待つファンイベントも「秋の風物詩」と呼ばれるまでに。秋の季語に「山粧(よそお)う」「星流る」などとあるが「ハルキ読む」なんてどうか。灯火親しむ季節にふさわしいと思うのだが。

モバイルサイトのご案内

広告掲載のご案内