特製「うまい森 青いもり弁当」

 「うまい森 青いもりフェア」では、青森県の豊富な食材の魅力再発見に取り組んでいる県内の料理人が毎回、特製弁当づくりに腕を振るい、会場で限定販売します。味にこだわる食通も注目するメニューをご覧ください。

「うまい森 青いもり」トップへ戻る

  • 第15回<中弘・南黒から>創作郷土料理の店・菊富士スタイル【9月16~17日販売】

    《お品書き》
     ・津軽たにかわ牛のステーキ紅玉キャラメリーゼソース
     ・茗荷と岩木高原豚の清水森ナンバ味噌焼
     ・中泊産メバルの塩焼
     ・イガメンチ青じそ揚
     ・石川ハムの赤ウィンナー焼
     ・常盤産揚にんにくの生春巻きくるみソースがけ
     ・嶽きみと帆立のかき揚
     ・厚焼玉子とバッケ味噌
     ・秋野菜のねりこみ
     ・帆立の玉味噌グラタン
     ・比内地鶏ハツと舞茸のスープ寄せ
     ・ミズの油炒め
     ・深浦産カワハギの肝和え
     ・風合瀬産鋒鋩(ほうぼう)の岩もずくジュレ
     ・かどザメの酢くめ
     ・深浦産真サバの酢〆炙り
     ・イカのゴロ味噌焼
     ・シラス干しと筋子の若生昆布おにぎり
     ・胡瓜と比内地鶏笹身の辛子漬
     ・赤かぶ漬と野沢菜漬
     ・けの汁
     ・平川産桃のババロア

    「創作郷土料理の店・菊富士」
    (弘前市坂本町)
    代表取締役社長・板垣重敏さん
  • 第14回十和田富士屋ホテルスタイル【7月29~30日販売】

    《お品書き》
     ・ミズと身欠きニシンの炒め煮
     ・ガーリック団子
     ・海老揚煮
     ・ナガイモの昆布ようかん
     ・ガーリックウインナーとズッキーニ鋳込みフライ
     ・チビキのオランダ煮
     ・角コン照り煮
     ・ニンジン香梅煮
     ・木の葉カボチャ 青味
     ・姫鱒茄子の南蛮みそ焼
     ・花ミョウガ甘酢漬け
     ・イカの南部磯辺焼
     ・十和田ガーリックポークのバラ焼き
     ・キャベツの塩麹つけ
     ・厚焼き玉子
     ・ナガイモベーコン巻き
     ・子持ちオクラ含ませ煮 ミニ茶巾含ませ煮
     ・桜姫鶏の野菜巻焼き
     ・ガーリックウインナーとナガイモのポテトサラダ
     ・ボイルホタテ照り煮
     ・和風冷製リンゴスープ ナガイモさいの目入り ペパーミント
     ・むしウニご飯

    「十和田富士屋ホテル」
    (十和田市東三番町)
    日本料理課長・小林健一さん
  • 第13回 プラザマリュウ五所川原スタイル「旬彩弁当」【5月20~21日販売】

    《お品書き》
     ・鯵ケ沢長谷川自然牧場の長谷川ポークバラ焼き風
     ・メバルバッケ味噌焼
     ・ふかうら雪人参の茶碗蒸し
     ・車力長芋と烏賊メンチの香草パン粉揚げ
     ・県産林檎チップをまとった桜海老薩摩揚げ
     ・干し餅と嶽きみの挟み真丈揚げ
     ・県産帆立フライ
     ・十三湖蜆貝時雨煮と枝豆御飯若生昆布巻
     ・紅生姜入り稲荷押し寿司
     ・津軽の甘い赤飯紫蘇の葉巻
     ・お漬物(すしこ、紫蘇杏巻)
     ・けの汁と帆立の貝焼き味噌
     ・こごみ荏胡麻和え
     ・アカモクと清水森南蛮の塩辛昆布
     ・つるつるわかめと鯵ケ沢産岩もずくの寒天寄せ
     ・赤い果肉リンゴのジャムのせ林檎わらび餅
     ・鶴田町スチューベンとヨーグルトのムースの二層仕立て
     ・桜の胡麻豆腐

    「プラザマリュウ五所川原」
    (五所川原市雛田)
    調理課副料理長・佐藤健一郎さん
  • 第12回 「レストラン エヴィエ」スタイル「プレミアム豚と旬の山海の幸」弁当【4月8~9日販売】

    《お品書き》
     ・ふかうら雪人参のマリネ
     ・evie農園のキタアカリのポテトサラダ
     ・茄子の山椒風味
     ・玉子焼き
     ・横浜町飯田牧場のプレミアム豚ハンバーグ
     ・ペンネトマトクリーム煮
     ・イタリア産水牛のモッツァレラチーズと青森のフルーツトマト
     ・自家製ハムのサラダ
     ・天使の海老の塩焼き
     ・「青天の霹靂」を使った魚介のピラフ
     ・自家製ガトーショコラとフルーツ
    ※メニューは一部変更する可能性があります。

    「レストラン エヴィエ」
    (青森市本町5丁目)
    オーナーシェフ・佐藤玲一さん
  • 第11回 食彩・酒彩かわばたスタイル「太宰文学の香りがする弁当」【3月4~5日販売】

    《お品書き》
     ・馬肉と高菜をみそ仕立てにした桜鍋
     ・陸奥湾産ホタテガイを使った貝焼きみそ
     ・筋子ひきわり納豆
     ・シソ巻き梅干し
     ・あん入りの餅を赤ジソでくるんだ菓子「甘露梅」
     ・若生(わかおい)コンブのおにぎり
     ・マダラの子合え
     ・棒ダラの卵しょうゆ漬け
     ・マダラの子の塩辛
     ・ガサエビ(シャコ)
     ・トゲクリガニ
     ・有頭エビの煮付け

    「食彩・酒彩かわばた」
    (青森市新町2丁目)
    店主・花田公仁さん
  • 第10回 「カジュアルフレンチ North40-40」スタイル【2月11~12日販売】

    《お品書き》
     ・大畑海峡サーモンの自家製スモークと
     八戸沖水たこのサラダ“カプリス”
     ・三沢沖真鱈のブランダードパテ
     ・青森県産鶏肉のテリーヌ・ド・カンパーニュ
     ・八戸前沖真鯖のレモンコンフィー焼き
     ・三沢産ほっき貝のライスクロケット
     ・青森県産鶏もも肉のロースト ローズマリー風味
     ・三沢山崎ポーク肩肉のグリエ おいらせ町
     桃川酒粕風味
     ・アメリカ産ブラックアンガス牛のエアフォース
     ステーキ 自家製りんごジャム添え
     ・三沢ごぼうと4種の砂糖のパウンドケーキ
     ・North40-40のハンバーグサンド BBQソース

    「カジュアルフレンチ
     North40-40」
    (三沢市桜町2丁目)
    料理長・平林和さん
  • 第9回 グローバルキッチン サイゴンスタイル「アジアのスペシャル弁当」【1月14~15日販売】

    《お品書き》
     ・県産五穀味鶏のやしの葉包み揚げ
     ・三沢山崎ポークのやわらか角煮
     ・陸奥湾産ホタテの特製マヨソース
     ・深浦産天然岩もずくの米粉天ぷら
      青森の塩添え(深浦の海水からできた天然塩)
     ・八戸産前沖サバの冷燻コチュジャンソース
     ・小川原湖牛の炙り焼き黒酢ソース(カットステーキ)
     ・海老のチリソース サイゴン風
     ・田子産にんにくと県産豚のベトナム揚げ春巻き
     ・県産さめとレンコンのナンプラー煮
     ・高級白神生ハム(十和田三元豚)と
      自家製スモークチーズ
     ・いかとグレープフルーツの和えもの
     ・大間産たこときのこの
      タイ風混ぜ御飯(「青天の霹靂」使用)
     ・十和田産ごぼうと白かぶのナムル

    「グローバルキッチン サイゴン」
    (青森市古川1丁目)
    代表・鈴木勇さん
  • 第8回 「粋和食 つくし」スタイル【12月3~4日販売】

    《お品書き》
     ・あん肝茄子田楽
     ・いろいろ魚介の包み蒸し
     ・県産五穀味鶏の奉葉味噌焼き
     ・県産ごぼうと八戸産金目鯛の煮付け
     ・三沢産ヤマザキポークの炙り焼き和風ソース、地場産野菜を添えて
     ・海峡サーモンと千枚大根の甘酢漬け
     ・深浦産鮪とアボガドの辛み和え
     ・つくし特製ローストビーフ重(青天の霹靂使用)
     ・金胡麻のブラマンジェ

    「粋和食 つくし」
    (青森市長島1丁目
     クロスタワーA-BAY2F)
    MiKグループ統括料理長・北畠玄さん
  • 第7回 アートホテルカラー青森スタイル「県産の旬を味わう彩り弁当」【販売終了】

    《お品書き》
     ・「青天の霹靂」の新米と自家製発芽玄米、黒豆を混ぜて炊いたご飯
     ・すりおろしりんごで漬け込んだ県産桜姫鶏のもも肉こってり照り煮
     ・イカの酢味噌和え
     ・りんごとみかんのフルーツポテトサラダ
     ・アオベジ「万願寺とうがらし」の出し巻き玉子
     ・栗の渋皮煮
     ・りんごとエリンギの酢のもの
     ・「アオベジ」のカリフローレとカラフル人参、ロマネスコのスティックサラダ 田酒の酒粕ドレッシング添え
     ・菊のおひたし 練りゴマ仕立て
     ・生姜味噌に自家製南蛮味噌を加えたタレのふろ  ふき大根
     ・焼長葱と自家製がんもどきの含め煮
     ・りんごとアボカド、ほたての和え物(アボカド  ソース)
     ・栗とりんごのロールケーキ

    アートホテルカラー青森
    (青森市新町2丁目)
    レストランチーフ・柿崎和江さん
  • 第6回 中国料理 豪華楼スタイル「豪華楼特製山海二段弁当」【販売終了】

    《お品書き》
     ・中華クラゲ
     ・県産ナマコの中華風和えもの
     ・叉焼(チャーシュー)
     ・カモロース
     ・蒸し鶏
     ・「しうら牛」の炒めもの
     ・むつ湾産ホタテガイ、イカ塩、嶽きみの炒めもの
     ・海老のチリソース
     ・津軽鶏のユーリンチー
     ・岩木高原豚酢豚
     ・カニ爪揚げ物
     ・イカメンチ風
     ・春巻き、焼売
     ・ニラ饅頭
     ・つがるロマンの炒飯
     ・香の物二種
     ・留(る)~さん杏仁豆腐
     ・中華タルト
     ・揚げゴマ団子
     ・フルーツ


    中国料理 豪華楼
    (弘前市駅前町)
    副料理長・一戸 留恵子さん
  • 第5回 鮨diningいっぱち【販売終了】

    《お品書き》
     ・赤酢のシャリを使い、刻んだ県産ホタテガイを混ぜ込んだいなり寿司3種
     ・鶏のくわ焼き風
     ・嶽きみの天ぷらとズワイガニの唐揚げ
     ・県産ホタテフライ
     ・エビとマッシュルームのマヨネーズソテー
     ・深浦産マグロの野菜あんかけ
     ・有頭エビとサトイモの煮物
     ・むつ湾産タコのやわらか煮
     ・身欠きニシンの甘露煮
     ・カズノコとミズの美味(うまみ)漬
     ・鮨diningいっぱちオリジナル厚焼き玉子
     ・お新香

    鮨diningいっぱち
    (青森市本町1丁目)
    代表・西村 力弥さん
  • 第4回 イタリアンダイニングKeiスタイル【販売終了】

    《お品書き》
    ▼弁当
     ・カジキマグロのスモーク
     ・イワシのイタリア風つみれ団子 ワインビネガー風味
     ・県産ロマネスコと自家製パンチェッタのソテー(奥入瀬ガーリックポーク)
     ・桜姫鶏のローマ風トマト煮込み(横浜町 桜姫鶏)
     ・カンパチのカルピオーネ(イタリア風南蛮漬け)
     ・水牛のモッツァレッラチーズの一口カプレーゼ(ベジフルファームのトマト)
     ・詰め物をしたオリーヴとムール貝のフリット
     ・伊産小タマネギと自家製ドライトマトのマリネ
     ・県産牛のタリアータ(イタリア式カットビーフステーキ)
    ▼別容器
     ・魚介のサフランリゾット
    ▼デザート
     ・濃厚クレーマ カラメッラ
     ・南郷産ブルーベリーとパイナップル

    イタリアンダイニング&バー「Kei」
    (青森市橋本1丁目)
    オーナーシェフ 高杉圭之輔さん
  • 第3回 小青島スタイル【販売終了】

    《お品書き》
    ▼中華風二段重ね・上段
     ・陸奥湾産ホタテガイ入りの海鮮焼きそば
     ・つがるロマン白飯のイクラのせ
     ・県産豚を使ったシューマイ
     ・エビの蒸し餃子
     ・キュウリ、ニンジン、カブの漬物
     ・カットリンゴ
    ▼下段
     ・奥入瀬ガーリックポークを使った回鍋肉(ホイコーロー)
     ・県産キャベツの塩味炒め
     ・創作風エビチリソース
     ・サバの揚げ物
     ・青森シャモロックの蒸し物
     ・県産ニンニクを使ったマーボー豆腐

    中華料理「小青島」
    (青森市本町5丁目)
    オーナーシェフ・喬 俊和さん
  • 第2回 鮨 dining いっぱちスタイル
    【販売終了】

    《お品書き》
    ▼和風二段重ね・上段
     ・天ぷら」(エビ、イカ、キスほか)
     ・深浦産マグロのソースカツ
     ・豚肉のしそ巻き
     ・自家製卵焼き
     ・焼き魚(銀タラ)
     ・鶏肉の甘酢あんかけ(パプリカ、シシトウ入り)
    ▼下段
     ・ばらちらし(赤酢シャリに錦糸卵、陸奥湾産ホタテガイなど)
     ・陸奥湾産ヒラメのバターソテー
     ・白身魚すり身とカニほぐし身のしんじょう揚げ
     ・身欠きにしんの玉みそあえ
     ・お新香

    「鮨 dining いっぱち」
    (青森市本町1丁目)
    代表・西村 力弥さん
  • 第1回 エヴィエスタイル【販売終了】

    《お品書き》
    ・アサリとホタテのピラフ(陸奥湾産ホタテガイ)
    ・人参のマリネ(フランボワーズヴィネガーの香りで)
    ・きんぴらごぼう(ゴボウは県産)
    ・水牛のモッツァレラチーズと自家製ピクルス
    ・みがき鰊のオイル漬け
    ・ハンバーグ(県産豚を使用)
    ・トマトペンネ
    ・タコのマリネとフルーツトマト(タコは陸奥湾産、トマトは青森市産)
    ・鶏モモ肉のカリカリ焼き(鶏肉は横浜町の桜姫鶏)
    ・春キャベツのマリネ

    レストラン「エヴィエ」
    (青森市本町5丁目)
    オーナーシェフ・佐藤 玲一さん