東奥日報社が青森県の多彩な食の魅力を発信する「うまい森 青いもりフェア」(公益社団法人青森県観光連盟共催)は、2年目となる2017年度に開催内容をリニューアルします。

 17年度は青森市の青森県観光物産館アスパムで、春(5月)、夏(7月)、秋(9月)、冬(12月)の季節ごとに年4回実施。県内を4エリアに分け、より地域に密着した展示・即売となります。18年2月には東京都内でも開催し青森県産品をPRするほか、県内での移動展も実施します。

 東奥日報社は、豊かな食をはぐくむ青森県内の各地域を応援していきます。

 出店情報は「東奥日報」とWeb東奥専用ページに随時掲載します。開催スケジュールは次の通り。

【青森県観光物産館アスパム】
 ▼5月20、21日「食卓に春の便り 東青・西北五から」
 ▼7月29、30日「夏を乗り切る食 上十三から」
 ▼9月16、17日「彩り豊か食欲の秋 中弘・南黒から」
 ▼12月2、3日「冬に味わう北の幸 三八・下北から」
 
【三沢・道の駅みさわ】
 ▼10月15日「移動展」
 三沢市谷地頭4-298-652
 
【東京・北のプレミアムフード館】
 ▼2018年2月10~12日
 「Kita-pre(キタプレ)」展
 東京都新宿区神楽坂3-2-61

フォトギャラリー
イメージ写真
イメージ写真

フェア初の移動展 盛況/三沢


 2016年度にスタートした「うまい森 青いもりフェア」で、青森市の県観光物産館アスパム以外で初の移動展が10月15日、三沢市の道の駅みさわで開かれた。これまでのフェアで好評だった人気商品や旬の味覚が並び、大勢の買い物客でにぎわった。

 フェアには、同市や青森市など県内7市町村から9店が出店。地元・三沢のゴボウ茶やパイカ(豚バラ軟骨)ピザ、大間町産マグロの刺し身、大湊海軍コロッケなどが人気を集めた。

 会場では「県道の駅フェア」も開かれ、県内10の道の駅がリンゴやブドウ、串モチなどの地場産品を出品。また、キャベツやゴボウといった、新鮮な三沢産野菜の半額セールも好評だった。

併催のBBQイベントもにぎわう

 隣接する斗南藩記念観光村では「MISAWA BBQジャンボリー」(市観光協会など主催)も初めて開かれ、大勢の行楽客が秋空の下で、県産牛肉や魚介類の炭火焼きを堪能した。

三沢移動展 出店一覧

  • Growth/三沢市
    TEL 0176-52-6317
    みさわごぼう茶、ミントごぼう茶、ルイボスごぼう茶
  • 袰月海宝/今別町
    TEL 0174-36-2011
    天然岩もずく、天然岩わかめ、焼干灰わかめほか
  • たざわトマト/田舎館村
    TEL 0172-58-2390
    おひさま色のミニトマトジュース
    ミニトマトとりんごミックスジャム、田んぼアート黒サイダーほか
  • 旨道/青森市
    TEL 017-752-6921
    旨道ウインナー・チョリソー
  • 魚忠/大間町
    TEL 0175-37-5353
    大間マグロ切り落とし、大間漁師の缶詰
  • だい天/三沢市
    TEL 0176-58-0361
    パイカピザ
  • むつ市安渡館カフェ憩-ikoi-/むつ市
    TEL 0175-29-3103
    大湊海軍カレーパン、大湊海軍コロッケ、下北産いちごのスムージー
  • 南部桑研/階上町
    TEL 0178-32-0258
    南部八戸桑茶パウダータイプ、桑茶お試しセット、マルベリッチほか
  • ヤマモト食品/青森市
    TEL 017-726-5581
    2個パックシリーズ、ギフトセット

バックナンバー