青森県の山々

(とわだやま  664.1m  大鰐町)
 
 全景が見られない、非常に“地味”な山である。しかし、中腹にある戸和田貴船神社奥宮の脇の沼は、津軽地方の稲作農家に広く知られている。この沼に、クロサンショウウオが卵を産む。農家は、藩政時代から、沼に産み付けられた卵塊の位置で、稲作の豊凶を占ってきた。今でも大鰐町三ツ目内の人々が神社例大祭のある旧4月19日に沼まで登っている。
あおもり110山「十和田山」はこちら


写真をクリックすると大きく表示されます
全景1 山頂 中腹の沼 クロサンショウウオ
の卵塊
参拝


青森県の山々  |  とうおう写真館


HOME