青森県の山々

(おっぷだけ  1083.4m  西目屋村)
 
 きれいな三角形をした山で、白神山地の山々の山頂に立つと、その多くの所から尾太岳を望むことができる。山腹には鉱山跡がある。尾太鉱山は奈良時代からあったとされる。本格的な採鉱が始まったのは1952年から。主力は銅だったが、掘り尽くされ1978年に廃鉱となった。山頂には江戸時代に設置された石灯籠がある。
あおもり110山「尾太岳」はこちら


写真をクリックすると大きく表示されます
尾太岳全景 尾太岳全景 尾太岳全景 尾太岳山頂
山頂 東側眺望 岩木山眺望 鉱山跡


青森県の山々  |  とうおう写真館


HOME