青森県の山々

(はちまんだけ  1022m  七戸町・天間林村)
 
 信仰の山だ。山頂に神社がある山では県南で一番高い。このため、津軽の岩木山に対し南部の八幡岳、という人もいる。八幡岳は以前雄嶽(おだけ)と呼ばれ、戦前までは15歳に達した男が旧4月15日に“おだけ参り”をして成人の仲間入りをしたという。終戦までは武運長久を祈願した。今は例大祭の6月15日、山頂の社殿は善男善女でにぎわう。
あおもり110山「八幡岳」はこちら


写真をクリックすると大きく表示されます
全景 例大祭 三角点 ブナ林 牧場


青森県の山々  |  とうおう写真館


HOME