青森県の山々

(のりくらだけ  1449.8m  十和田湖町)
 
 静かなたたずまいをみせる山だ。山頂から南側を眺めれば、眼下に広がる広大な森に圧倒される。十和田湖開発に功績があった太田吉之助(1878−1962)は、その森に牧野を開いた。そのとき、山頂の大岩をまつり、牛馬の守護神にした。乗鞍岳は昔、牛倉山や牛鞍山と呼ばれた。なだらかな山の姿を牛に見立てたものとみられる。
あおもり110山「乗鞍岳」はこちら


写真をクリックすると大きく表示されます
前谷地から 駒ケ峰から 櫛ケ峰から 山頂 櫛ケ峰眺望
黄瀬沼 一ノ沢 オオバキスミレ ヒナザクラ


青森県の山々  |  とうおう写真館


HOME