青森県の山々

 
 
 八甲田山塊のうち、国道103号の南側に位置している山塊が通称「南八甲田」と呼ばれている。櫛ケ峰、駒ケ峰、猿倉岳、乗鞍岳、赤倉岳、松森山、横岳、逆川岳などで構成される南八甲田の山々は、北八甲田とは違い、なだらかだ。環境省は北八甲田の登山道は整備する方針を通しているが、南八甲田については登山道整備を行わず、自然の姿を残す考えだった。このため南八甲田の登山道は歩きにくいところが多く、入山者は北八甲田に比べ格段に少ない。しかし近年、ボランティアで登山道を刈り払った人がいて、道はずいぶん歩きやすくなった。この刈り払い行為が、善意か環境破壊か、で論議を呼んでいる。


写真をクリックすると大きく表示されます
十和田湖発荷峠から 惣辺牧野から 硫黄岳から 雷山から


青森県の山々  |  とうおう写真館


HOME