青森県の山々

(くしがみね  1516.5m  平賀町・黒石市)
 
 南八甲田の山々の中では最高峰。駒ケ峰など東側から望むと、山の形が“柘植の櫛”のように見える。登山口の猿倉温泉から遠いため、夏に訪れる人はあまり多くない。しかし、残雪期に睡蓮沼から駒ケ峰経由で行くと、夏より時間がかからないためこの時季、訪れる人は多い。登山者による踏みつけで山頂付近の登山道が荒れたため、県が植生復元事業を行っている。
あおもり110山「櫛ケ峰」はこちら


写真をクリックすると大きく表示されます
駒ケ峰から 旧道から 乗鞍岳から 横岳から 大斜面1
大斜面2 大斜面3 山頂標識 山頂風景 スキーヤーたち
北八甲田眺望 横岳眺望 十和田湖眺望 岩木山眺望 植生復元事業


青森県の山々  |  とうおう写真館


HOME