青森県の山々

(すりばちやま  189.5m  青森市)
 
 青森市後潟地区の西方にある小高い丘。地元には古くから「城跡で、遺物が埋まっている」という言い伝えがあった。1971年、地元の人が発掘したら、13世紀に中国浙江省の竜泉窯で作られた浮牡丹唐文大香炉であることが分かり、注目を集めた。摺鉢山は、尻八館と命名されているが、その根拠はなく、正確には「伝尻八館」だ。
あおもり110山「摺鉢山」はこちら


写真をクリックすると大きく表示されます
全景 尻八館跡 発掘された香炉


青森県の山々  |  とうおう写真館


HOME