あおもり昆虫記

クロオビフユナミシャク

>>戻る
11月下旬、青森市南部のブナ林の小屋の外壁にとまっていたのを見つけた。
フユシャクの雌は、ほとんど羽が無いが、このクロオビフユナミシャクの雌は、
その中にあって、やや羽が大きいのが特徴となっている。=11月下旬

シャクガの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME