あおもり昆虫記

ハグロトンボ

>>昆虫記はこちら
ハグロトンボ(カワトンボ科)岩崎村、8月中旬
虫の名は、羽が黒いこと、お歯黒の色などからつけられた、といわれている。
独特な雰囲気を持つトンボのため、地方によってはカミサマトンボ、ゴクラクトンボ、ホトケトンボと呼ばれている。
近年、数が少なくなったと言われている。

カワトンボの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME