あおもり昆虫記

ミヤマアカネ

>>昆虫記はこちら
ミヤマアカネ(トンボ科)十和田市、7月下旬
「ミヤマ」アカネとは、「深山」の赤トンボという意味だが、実際は深山には産せず、せいぜい山の裾野といったところ。
人里からすこし離れた里山の沼などに生息する。
羽化直後は薄茶色で羽の帯も薄い色をしているが、成熟すると雄は体全体が赤く染まり、羽の帯の色も濃い褐色になる。

トンボの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME