あおもり昆虫記

コフキトンボ

コフキトンボ(トンボ科)森田村、7月下旬
雄は初め、淡黄茶色で、黒い筋があるが、成熟すると黒くなり、白粉が現れる。この状況を粉がふいているように見立てた。
雌は雄の体色に似ているもの(ホモ型)と、体は黄茶色のままで羽に茶色の帯があるもの(ヘテロ型)との2種がある。この写真は、ヘテロ型の雌だ。

トンボの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME