あおもり昆虫記

ヒメアカネ

ヒメアカネ(トンボ科)横浜町、10月上旬
低山地の湿地にいるが、産地が非常に限られ、局地的だ。あまり活発に飛び回らず、湿地の草などに止まっていることが多い。
日本に産するアカトンボの仲間の中で一番小さい。雄は、成熟すると写真のように顔が白く、腹は赤くなる。

トンボの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME