あおもり昆虫記

コノシメトンボ

コノシメトンボ(トンボ科)青森市、8月下旬
雄は成熟すると顔、胸、腹の全部が赤くなる。羽の先に褐色紋のあるトンボの中で一番赤色が鮮やかだ。
各地に見られるが、個体数は少ない。低山地の池などにいる。
アキアカネやノシメトンボのように棒の先などにあまり止まらず、路上や草むらなどにペタッと止まることが多い。

トンボの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME