あおもり昆虫記

ショウジョウトンボ

ショウジョウトンボ(トンボ科)木造町、7月中旬
成熟した雄は全体が真っ赤になる中型のトンボ。やや太めの体の真っ赤なショウジョウトンボが池沼の上を飛ぶ姿は、なかなか勇壮なものがある。
西南日本では、ごく普通のトンボだが、東北日本では産地が限定されている。名は、赤い体の色を猩猩(しょうじょう)色に見立てたもの。
猩猩は、猿に似た中国の想像上の動物で、赤い顔をして赤い毛をまとっているという。

トンボの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME