あおもり昆虫記

ハラビロトンボ

ハラビロトンボ(トンボ科)青森市、6月上旬
トンボの腹はたいてい、細くてスマートだが、このトンボは、腹が扁平で幅が広い。だからハラビロトンボという名がついた。
写真は雌。雄の腹は未熟なころ、雌と同じような模様だが、成熟するにつれ黒くなり、老熟すると白い粉で覆われる。
シオヤトンボと同様、出現する季節が早い。

トンボの仲間 | あおもり昆虫記インデックス

HOME